スポンサーサイト

  • 2019.06.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    電験3種・R1年度受験申込み

    • 2019.06.10 Monday
    • 23:06

    さて、またしばらく時間が経ってしまったんですが、大切なことを忘れるところでした。

    そう、昨年、受験申込みの締め切り直後に思い出してしまった、電験3種の「残り半分」です。

     

    今年こそは忘れないように! と思ってたんですが、はっと気が付くと明後日6月12日(水)が申し込みの締め切り日です。

    今年は気づいてよかった!! さっそく申し込んできました。

     

    科目免除の資格内容の連絡ハガキもばっちり取ってあったので、問題なく申しこみ完了です。

    受験日は9月1日(日)、場所は東京(23区)にしたんですが、どこになるでしょう?例年だと、いろんな大学が使われてますね。

     

    私の「残り半分」は、以前の記事にも書きましたが「機械」と「法規」です。

     

    意外とちょろいかな~なんて思ったりするんですが、普段、強電の話は会話にも上らないので、ほぼ頭の中は真っ白になっている可能性が高いかもしれません。

    前に買っておいた問題集もあるので、とりあえず、2か月前くらいになったらスタートしてみたいと思います。

     

    あと、紆余曲折? もあって、全般的な受験計画を再構築したので、これについては明日、書いてみたいと思います。

    なんだか、ここに書いてしまうと、あとに引けないような気もするので、明日は心して書くことにします。

    電験3種・残りの半分はどうなった??

    • 2018.08.02 Thursday
    • 20:04

    前回の記事から全くの音沙汰無し。最後に

    「次回の試験は1年後ですが、意外に時間の経つのは速いもの。油断しないように取り組みたいと思います。」

    なんて書いてたんですが・・・・。

     

    まさに、「orz」な事態になってしまいました。

     

    確か、電気技術者試験センターから、申込み期間の案内ハガキが来ていたように思いますが、

    今年の受け付け機関は、H30年5月21日から6月6日まで。

    そして、「あれ、そろそろ申し込み期間終わっちゃったりしね?」と気づいたのが6月7日。

     

    まさに万事休すとはこのことでしょうか? (けっこう)やる気あったのに!

    仕事でバタバタしてたというのが言い訳ではありますが・・・。

     

    幸い?というか科目合格は2年間有効だから、来年度の試験は必ず受けないと大変もったいないことになってしまいます。

    ずっこけた話で申し訳けありませんが、来年にご期待? ください。勉強方法を実況?したいと思います。

    電験3種・半分受けました(答え合わせと勉強法のまとめ)

    • 2017.09.10 Sunday
    • 10:16

    さて、回答が翌日にはWEBで公表されるというのは、大変便利ですね。

    気持ちの整理もすぐにできます。

     

     

    試験会場から帰ってきたら、すぐに表を作って何番を選んで解答したかを書いておきましたので、翌月曜日に仕事から帰ってさっそく答え合わせをしました。結果は、

     

    理論: 20問中 16問正解

    電力: 20問中 16問正解

     

    OMG! なんだか8割取れたようです!

    これで、来年は午後に2科目受ければよくなりそうです。

     

    全期間が2週間。本当に朝から晩まで勉強したのは4日間。あとはかなり心もとない勉強でしたが、なんとか2科目クリアできました。勉強の仕方でよかったこと、悪かったことなどまとめてみたいと思います。

     

    (良かったこと)

    ・最初に参考書や過去問集を本屋でいろいろ立ち読みした。(始める前に全体像が見えた)

    ・過去問集のジャンルと分量を整理して取り組みの優先度を決めた(ピンク色/水色/色なし)

    ・計算問題を優先し、納得ゆくまで考えた(一方であっさりあきらめた問題もあり白黒はっきりさせた)

    ・一度過去問を解いた後に、全問を再度確認しながら要点を整理した(A5ルーズリーフ)

    ・要点整理は自分がわかるミニマムなものに抑えた

     

    (悪かったこと)

    ・とにかく時間がなかった。(もっと早くから始めるというのが鉄則ですが、なかなか・・・・)

    ・方針がなかなか定まらなかった(最後に2科目に絞ったのは良かった)

    ・参考書を軽視しすぎた(予算をケチった。設備・システムのイメージなしに計算問題考えるのは少し無謀)

     

    なんだか、結果オーライのような気もしますが、理論と電力に絞ったのは最終的には良かったように思います。

    さて、来年に向けての取り組みですが・・・

     

    電力でも少し問題感じましたが、「機械」になると設備の具体的イメージがないと最初はチンプンカンプンになってしまいます。

    機械については参考書も読んでみようと思っています。(やはりケチなので、古本もしくは図書館?)

     

    法規については、他の分野などと同じですが、「組織や人の権限と責務」「安全確保のための仕様規定」に意識して読めばよいと思っていますが、過去問やってからでもよいので、関連法規を一度原文で読む必要がありますね。

     

    また、そもそもの三相交流の理解についてですが、書店で大学教科書みたいなものを見てみましたが、意外に三相交流の記載は少ないですね。でも、三相交流のきちんとした理解は必須なので、なんとか勉強手段を考えたいと思います。

     

    なお、今回も年の功で流してしまいましたが、電磁気と線形回路は、やはり一度基本に立ち返って再整理したいですね。何せすべての基本ですからね。

     

    次回の試験は1年後ですが、意外に時間の経つのは速いもの。油断しないように取り組みたいと思います。

     

     

     

     

    電験3種・半分受けました(試験当日)

    • 2017.09.10 Sunday
    • 10:06

    さて、朝ごはん食べながらルーズリーフを見ていたら、意外に時間が過ぎていました。

    大急ぎで駅に向かいます。

     

    今回の会場は、神戸・六甲アイランドにある「神戸ファッションマート」です。

    JR住吉駅で六甲ライナーに乗り換えますが、けっこう本数があるのでスムーズに移動できます。

    日曜日の朝だから人は少ないですが、六甲アイランドに向かってる人は9割がた? 電験受験でしょうね。

    ちなみにファッションマートの入り口のところに大きなコンビニもあるので便利な会場です。

     

     

    試験会場は、神戸ファッションマートの9階イベントフロアです。

    とても大きな部屋に机と椅子が並べられてますが、大変ゆったりとしたスペースです。

    机も、よく会議室にあるような折り畳み机で、奥行きもきちんとあります。これを両端に2名座って使うので広さは十分です。

    また、椅子も、折り畳みではなくて重ねて片づけるタイプ。座りやすいし快適です。

    いくつかの大学会場では、机は狭いし椅子は固いしで大変でしたが、この会場は今まででベストですね。

     

    問題用紙は、字も大きいし、余白もたくさんあるので、大きな字で計算式を書いても大丈夫。それだけで安心感が出てきます。しかし、油断は禁物ですね。

    1時限目の「理論」では、回答用紙に、受験番号は書いたのにマーク忘れてて慌てて書いたし。

    2時限目の「電力」では、回答用紙と問題とを重ねて、ずらしながら回答を記入していたので、最後にもう一問(問17)回答しなければならないのに残り時間が少なくなってから気づいて慌てたりと。

     

    なお、勉強は過去問集でジャンルごとに整理されたものを順番に解いていたので、実際の問題としてどのような組み合わせになるのかというイメージがありませんでした。(つまりH○○年度の問題として一括して解いたことがなかったということ)

    実際に受験してみると、「計算問題」は思ったよりも少ないんだなあと思いました。

    計算問題が多いと、検算などしながら慎重に解いていたら時間が足りなくなるのではないかとも心配していたので、この点はホッとしました。

     

    今回は、「理論」と「電力」しか準備していないので、潔く?? 午後は受けずに帰路に就きました。

    もし、この2科目取れてれば、来年は午後だけ受験すれば良いはずなんですが・・・・

     

     

    電験3種・半分受けました(その6)

    • 2017.09.10 Sunday
    • 09:24

    さて、最低限確認すべき計算問題はすべてクリアしたので、今までの計算問題への取り組み内容をすべておさらいするのと、知識問題の整理です。

     

    ここで、今までの試験でも使っていたA5版のルーズリーフの登場です。

    「理論」と「電力」どちらを先にするかですが、明らかに「電力」には未知の知識問題が多数あるので、「電力」からスタートです。

     

    進め方としては、過去問集のすべての問題を再度見てゆきます。問題を解いたり気づき事項をメモしたりしてたノートと合わせて進めます。このとき、具体的に計算問題を解くことはしませんが、「解き方がすぐ思いつくか?」「要注意事項は何だったか」を確認しながら進めます。

     

    一度じっくりと悩んだ計算問題ですから、大きくひっかることはない「はず」です。でも、「あれ?」というようなのもありますね。

    この場合は、「公式や定義がうろ覚え」の場合と、「解いてゆく方針がちょっと複雑で思い出せない」の2点があるようです。

    このどちらについても、要点や自分なりの覚え方・気づき事項と合わせてA5版ルーズリーフにまとめてゆきます。

    何せ、万人向けの整理ではなく、自分さえわかればよいので、かなり端折ってまとめますが、それでも思い出すには十分役立ちます。

     

    そして、未踏の知識問題!

    「誤りを探す」タイプの設問の場合、年の功の知識を総動員すると意外に解けるものではありますが、いかんせん強電関係の設備を具体的に扱ったことがないので、意味不明な「用語」は次々出てきて焦ります。

    都度、ネットで調べて、ミニマム記憶したほうがよさそうな事項をA5版ルーズリーフに書いてゆきます。

    特に焦ったのは、水力発電の細かな設備の説明と、送電系の避雷・接地や保護装置ですね。

    はっきり言って実際の「物」を知らないので、ネットで説明を見つけても、そこで使ってる言葉がまた分からなかったりということもありました。

     

    なんとか「電力」については過去問集の全問を確認できました。

    実際にルーズリーフ何枚くらいになったのかというと、「水力発電」などの問題集でのジャンルごとに別の紙にしましたが、数えてみたら「9枚」です。表裏書かれてるのもあれば、表に少ししか書かれてないのもあります。

    長い道のり(実際はぜんぜん長くない?)がコンパクトにまとまってくると、ちょっと達成感出てきますね。(不安のほうが大きいですけど)

     

    次は「理論」です。これも同じように、計算問題や知識問題をすべて見てゆきます。

    ただし、「磁気」については全く無視、つまり過去問は見てもいません。そこまで時間がなかったというのが正直なところです。

    直流回路や電気計測は計算問題すら初見になってしまいますが、当初の想定通り、一陸技などで整理して頭の隅にあるネタで十分対応できそうです。わかりにくいのは線形回路を等価回路の重ね合わせに変換する話でしょうが、これらを一度納得したことがあるかどうかで大きく理解に差ができるように思いました。私はというと、普段こんなこと考えてませんから思い出すのに少し時間がかかりましたが、思い出してしまえば設問自体はシンプルなのでなんとかなりそうでした。

    電気計測も、煎じ詰めれば、計器のレンジ変換とブリッジ回路だと思います。一陸技でもしつこく出てきた内容だったので、少し計算(というか式の変形)が面倒そうで、計算間違いの不安はありましたが、「なんとかなりそう」と判断し、実際に解てみることはしませんでした。

    一方、意外に焦ったのが「その他」に分類されている内容です。主に半導体やトランジスタ回路なので、「一応、自信のある分野のつもり」だし、後回しにしていて最後の最後にパラパラと見ました。しかし、意外に知識があいまいな点も散見されたので、焦ってルーズリーフに書き込みました。

     

    「理論」と「電力」で、「磁気」を除くすべての問題の再チェックが終わったのは、試験当日9/3(日)の早朝

    でした。(もちろん寝てますよ。貫徹で試験に臨むような、学生時代の体力も気力もないです(笑))

     

    朝ごはんを食べながら、「えーい後回し」として付箋を貼った問題をパラパラとみてみました。気前よく?付箋を貼っていたので意外に沢山あります(汗)。しかし、全体を整理し終えた段階で改めて見てみると、意外に「なあーんだ」と理解できてしまう問題もありました。実は、これで1問「儲け」ました。抵抗回路のデルタ−Y変換です。

    やはり、最後まであきらめずに頑張るべきですね!

     

     

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM