スポンサーサイト

  • 2019.06.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    基本情報技術者:午後試験のプログラム言語はどうする?

    • 2015.09.01 Tuesday
    • 00:10
    JUGEMテーマ:情報処理試験

    過去問は、いちいち言葉の定義を確認してメモを取っているので、全く進みません!

    それはそうと午後試験の中で、プログラム言語を選択して答える問題があるようです。
    さて、どの言語にして試験に備えるかですが・・・・。

    27年度春の問題をざっと見て、アセンブラにすることにしました。
    何せ、行数少ないですし、ぱっと見たところ、あんまり苦労しなくても理解できそうなニーモニックです。
    実は、昔の学生時代にはアセンブラで組むバイトをしていたので、ある程度の下地があるというか、ある意味なつかしい感じです。

    ということで自習用のシミュレータを探してみました。
    本家のIPAにシミュレータがあるようですが、javaの環境も作るようなので、面倒くさそう。
    Vectorでフリーソフトを探してみました。なるべく発表・更新時期の新しいものが条件です。
    特に色々試したわけではないですが、「CaslBuilder」というのにしてみました。
    32bitのWindows用ですが、Windouws 7(64)で問題でなく動きます。
    (ちょっとあせったのは、ソースコードのファイルなどが「Program files」の下にあるんですが、フォルダが読み取り専用になっていて最初動きませんでした。フォルダのプロパティでセキュリティの設定を変えて対応できました。)

    画面の表示も分かりやすいし、実行やデバッグも簡単なので良い感じです。
    とりあえず、何でもいいからと、数行のプログラムを書いて、実行できることを確認しました。

    それにしても、過去問題集やIPAのwebにあるCASL IIの言語仕様の説明ですが、オペランドに定数を指定する方法が明記されていないような気がするんですが、どうなんでしょう? (過去問やサンップルで「=123」みたいに書くのが出てくるので、これをまねればよいんですが・・・・)

    さて、とにかく、27年度春の過去問を最後まで解いてみないと、今後の進め方の戦略が立てられないので、前進あるのみです!


     

    スポンサーサイト

    • 2019.06.13 Thursday
    • 00:10
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする